葬儀社の家族葬プランの種類

葬儀社の家族葬プランを選ぶにあたって

葬儀社の家族葬プランを選ぶにあたって 家族葬を行うにあたって、作業の一つとして葬儀会社を選ぶ必要があります。もちろん葬儀専門で業務にあたっているところもありますが、異業種から参入している業者もあります。また、業種・業者ごとにより料金プランやサービスが異なります。そこで、葬儀社における各種運営母体について紹介をします。

まず専門葬儀会社は、葬儀を専門として業務にあたっているところです。多くの方が、家族葬をはじめとした葬儀をお願いするにあたっては、このような会社を選ぶことでしょう。日頃の生活においても、全国展開しているところもありますので、なじみ深いです。規模については地域密着のところから、県単位でご依頼・対応ができるところまであります。葬儀会社直営で会館を持っているところもありますが、そうでないところでは公営の式場や自宅などで葬儀をする流れになります。運営には慣れているところが多いですが、家族葬を含めて葬儀費用にはばらつきがあります。あらかじめ確認をしておかないと、悪徳業者に引っかかることがあるので注意が必要です。

冠婚葬祭互助会では、毎月の掛け金を積み立てた上で、その費用を葬儀費用にに充てることができるのが特徴です。独立した民間団体ではありますが、積み立て費用が満額になったり、不足金額を一括で支払うと、家族葬を含めての会員限定のサービスが受けられます。しかし、満期後に各種追加オプションを求められることがありますので、前もって確認をすることがおすすめです。

農協や生協など生産者の組合に入っている方は、対象となる葬儀サービスが受けられます。概ね民間の葬儀専門会社と提携をしていますので、公共団体ということもあり、価格が明瞭で割安価格での家族葬プランを提供される場合が多いです。ただし、地域によっては業者が無い場合がありますから、組合にて確認をする必要があります。

葬儀の他にも異業種を母体にして葬儀サービスを行っているところもあります。その場合は、行政への各種届出が必要か気になるところですが、それは不要です。葬儀と関係のある備品などを取り扱う会社では、備品が安く済みますし、家族葬プランとしてもサービスが整っている場合もあります。飲食業界が副業として行っていたら、費用対効果の高いお弁当を手配してもらえるでしょう。

葬儀専門会社だけではなく、各業界でもサービス・費用が整っている会社は多くあります。各社見比べた上で、故人様およびご親族様に合った会社選びをすることが必要です。

最新のお知らせ

  • [2018年05月24日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年05月24日]
    運営者情報を追加しました。